ティンカーベル ~ 劇場版アニメ ~

STORY

 ネバーランドに有る妖精の谷、ピクシー・ホロウには様々な妖精たちが暮らしています。
ある日、メインランド(人間界)の赤ちゃんが初めて笑った時、その声がピクシー・ホロウまで辿り着き、また1人、可愛い“女の子”の妖精が誕生しました。
 妖精達はそれぞれ特別な才能を持っています。
その女の子は“もの作り”の才能が認められ、ティンカー(もの作り)の妖精“ティンカー・ベル”と名付けられました。
彼女は、他の妖精達が使う道具を作ったり、修理を任せられます。
 自然が季節毎に美しく姿を変えるのは妖精達の仕事。
ティンカー・ベルは仲間達がもうすぐメインランドへ春を届けに行く事を知り、自分も便利な道具を作り一緒に行く事を楽しみにしていました。
しかし、もの作りの妖精はメインランドには行けないと知ってショックを受けます。
そして、自然を司る親友の妖精シルバーミストやイリデッサ、フォーソ、ロゼッタ達から仕事を教えてもらい、もの作りの才能を別の才能に取り替えようとしますが、何をやっても失敗ばかり。
そればかりか、みんなの春の準備を台無しにする大事件を起こしてしまいます。
 このままではメインランドに春は訪れません。
しかし、ティンカー・ベルはある事を思いつきます。
そう、春を運ぶ為に道具を作れば良いのです
でも、果たして間に合うのでしょうか
彼女が自分の才能を信じた時、2つの世界を救う為、ティンカー・ベルの冒険が始まります。
そして、今、ティンク誕生の秘密がついに明かされます…。

感想

何かやりたい事や行きたい所があった場合、それに向かって必死になる気持ち分かるナ
ティンクとピーターパンは何処でどういう風に出会ったのかな
ティンクとピーターパンの出会いもみてみたい