マトリックス リローデッド ~ SF ~

STORY

 マトリックス・リローデッドは、コンピュータに支配された未来の世界でマトリックス(仮想現実)と現実の世界を舞台に、人類とコンピューターとの戦いを描く。
なお多くの人はコンピュータに支配されていることすら認識しておらず、全ての人間がコンピュータを介して共通の「夢のような仮想現実世界」に暮らしていることすら気付いてはいない。
前作『マトリックス』で1990年代のような世界に暮らしていたハッカーのネオが、自分が現実だと思い込んでいたマトリックス世界から抜け出し(実質的には切り捨てられ)、「コンピュータに支配され、電源としてのみ利用され続ける人類」という悪夢のような現実と対面、人類をコンピュータの支配から解き放つ「予言された救世主」としての開眼を経て、宿敵エージェント・スミス(AI)を打ち倒した。
 本作での物語は、現実世界での立場を得たネオが再びマトリックスの悪夢に悩まされる所から始まる。
マトリックス世界では自身の能力により無限ともいえる力を得たネオではあったが、現実世界ではトリニティーやモーフィアスらに救世主として信頼をされるも、逆にネオにとっては彼らこそが自分の存在理由であり、彼らを失うことに怯えるナイーブな青年だったのだ。
 この中で現実世界に生き残ったわずかばかりの人類の最後の砦とも言える地下世界「ザイオン」では、一つの重大な問題が持ち上がっていた。
ザイオンはかねてより宿敵であったマトリックスを支配するコンピュータに対しホバークラフトシップを駆使してのゲリラ戦を挑んでいたが、遂にコンピュータ側はザイオンへの直接攻撃のため、センチネルと呼ばれるロボット25万体もの大群による殲滅作戦を決行したことが明らかとなった。
 対応の遅れたザイオン側に残された時間は72時間を切っており、一刻の猶予も無い。
その中でネオ達は生き残りを賭してマトリックス内に潜入、仮想世界で反マトリックス勢力の精神的支柱ともなっているオラクルに会見、更に彼女の側近であるセラフに導かれ、人間を搾取するために作られたマトリックス世界のもう一つの姿、コンピュータ自身の中で無秩序に広がった仮想世界が、実はコンピュータ自身の意思決定能力にすら影響する精神世界の延長であるという真実に触れていくことになる。
 その中で、ネオは「予言された救世主」ではなく「プログラムされ予定された救世主」で、またザイオンですらもマトリックス世界の破局を予防するために「アーキテクト」によって企画された存在であることを知らされる。
現実世界では攻撃ロボットのセンチネルの大群がザイオンに迫っていた。
ネオは、自分の属している現実世界や親しい人たちか、それとも人類を生かしてより完成されたマトリックスへの変化の礎となるかの選択を迫られ、続編『マトリックス・レボリューションズ』へと物語が続く。

感想

私も、ネオ達みたいに愛し想いあえる相手が見つかります様に(笑)

チュモン 第10話 ~ 韓流ドラマ ~

STORY

ウテの調べによって、召西奴は朱蒙が本当に夫余の王子であることを知る。
一方、解慕漱は朱蒙の身を守るため、金蛙に書簡を送り、スミ山での再会を約束する。
朱蒙を連れ、金蛙との約束の場所に行く解慕漱。 その道中、かつて金蛙とはともに多勿軍を率いた同志であったことを明かす。
しかし、書簡の内容を知った不得不の刺客に襲われ、二人の再会は妨害される。
解慕漱は朱蒙の身を案じ、自分が知りうる限りの武術を伝授しようとする。

感想


召西奴が朱蒙が本当に夫余の王子であることを知るのがチョット遅い様な気がした。
でも、全部で81話も有るから流れ的にはこんなもんなのかナ

チュモン 第9話 ~ 韓流ドラマ ~

STORY

朱蒙は剣術の達人である解慕漱を師匠と慕うようになる。
そこへ帯素とヨンポが兵士を率いて、秘密監獄を襲撃する。
解慕漱の一撃で負傷した帯素は昏睡状態に陥るが、ヨミウルの治療で一命を取りとめる。
帯素の傷口が剣によるものであることを察知したヨミウルは、ヨンポを呼び出す。
ヨンポは、朱蒙を始末するため帯素と秘密監獄へ行ったことを話す。
一方、帯素の剣によって深い傷を負った解慕漱は、プヨンの治療により回復する。
朱蒙の居場所を突き止めた召西奴は、朱蒙の身を守るため商団に加わることを提案するが、朱蒙は辞退する。
それぞれ柳花を思いながら語り合う、解慕漱と朱蒙。
朱蒙は解慕漱に、自分が金蛙王の息子であることを明かす。

感想

解慕漱は目が見えないぶん、他のモノが優れたんだネ
私も鼻がきかなくて臭いが分からないんだけど、そのぶん味覚はかなり優れてるんだョ