チュモン 第3話 ~ 韓流ドラマ ~

STORY

金蛙は処刑のため漢に向かう解慕漱を救出するも、解慕漱は追っ手に囲まれ断崖から転落、その姿に友の死を確信する。
そしてその子を解慕漱のような英雄に育てると約束し、柳花を自分の側室として迎える。
解夫婁の死後、夫余の王となった金蛙は失地回復を掲げ、軍隊を強化し領土を拡大する。
金蛙の柳花に対する寵愛をねたむ正室ウォン妃。
その確執は彼女たちの息子、朱蒙(チュモン)と帯素(テソ)・ヨンポへと引き継がれる。
ところが朱蒙は、金蛙の期待とは裏腹に軟弱な性格に育つ。
迎鼓祭の日、神宮の神女にちょっかいを出して祭典に出席しなかった朱蒙に、金蛙は失望を隠せない。

感想

ウォン妃がねたむのも無理ないと思う・・・。
でも、だからといって柳花も金蛙も悪くないと思う・・・。
チョット複雑ね・・・。

"チュモン 第3話 ~ 韓流ドラマ ~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント