チュモン 第5話 ~ 韓流ドラマ ~

STORY

朱蒙は帯素、ヨンポとともに、夫余の神器・多勿弓を見るため始祖山へ出かける。
二人の兄は朱蒙を殺すべく、彼を湿地帯に置き去りにする。
沼にはまって瀕死の朱蒙を、通りがかった延陀勃の娘・召西奴(ソソノ)が救出する。
男勝りの性格で商団を率いる召西奴に好意を抱いた朱蒙は、自分が夫余の王子だと明かすが、召西奴は信用せず、彼を奴隷として売ろうとする。
先に多勿弓を探し当てた帯素とヨンポであったが、弓のあまりの強さに弦をかけることを断念し帰路につく。遅れて始祖山に到着した朱蒙は、二人の兄が自分を殺そうとしたことを知り、愕然とする。
失踪の知らせに騒然となる宮中に、自力で戻ってきた朱蒙は、金蛙に多勿弓を見ることができなかったと報告、しかし柳花には、実際は多勿弓までたどり着き、さらにそれを折ってしまったと告白する。

感想

召西奴役やってる人、松たか子に似てる・・・。

"チュモン 第5話 ~ 韓流ドラマ ~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント